テンパーク通りの♡探し

テンパーク通りとは… 鹿児島県鹿児島市の繁華街・天文館にある11の「通り」のうちのひとつです。この通りの近くにある中央公園の愛称「テンパーク」と天文館の「天」と繁華街の中心点の意味に由来する「点」と隣接する国道十号線の「十(テン)」などの言葉から略して「テンパーク通り」と呼ばれるようになりました。 テンパーク通りは昔から、ブティック通りと呼ばれているそうで、現在では『オシャレと若者のストリート』と呼ばれるくらい、オシャレなお店が多く並んでいます。 そんなテンパーク通りを歩いていると、街行く若者からある情報を聞きつけました。 《テンパーク通りには3つの「♡」が隠されている!?》 その情報は本当なのかどうか、今回は胸キュン恋愛をしたい中年男性2人組で、実際に♡を探しに行ってきました♪ テンパーク通りを歩いていると、変わったカタチをした芝生が目に入ります…これが♡なのかな? テンパーク通りの芝生 2013年12月にリニューアルされ、道路に人口芝が敷かれました。テンパーク通りの人工芝は錦江湾に浮かぶ桜島、そしてその周辺を泳ぐイルカたち、薩摩・大隅半島が見事に表現されています。 テンパーク通りを行ったり来たりすること20分。 学生のカップルらしき男女が下を見ながら何かを探すように歩いています。   そうか!路面にハートが隠れているのか!?   何組かハート探しをしているカップルもいるので、勝手に競争することに! 「絶対に先に見つけてやる!!!」 数十年社会で培ってきた経験で怒涛の追い上げを見せる。 1つ目、2つ目、、、 そしてついに! あった!あった!3つ目の♡がありました! …