鹿児島の夏の風物詩 六月灯

六月灯(ろくがつどう)の夏がやって来ました!

鹿児島の伝統的な夏祭りが六月灯で「ロッガッドー」の呼び名で県民に親しまれています。

六月灯とは旧暦の6月(現在は7月)に鹿児島県を中心とした旧薩摩藩領だった地域で行われる行事で、鹿児島県内の神社・寺院で行われる祭りです。
※宮崎県都城市でも開催されています。
この六月灯は、薩摩藩第2代藩主・島津光久公が新昌院(現新照院町)の上山寺の観音堂落成の記念に沿道に灯篭を掲げたことが始まりと言われています。

六月灯の開催される神社・寺院では和紙に絵や文字を書いた灯篭が飾られ、また境内やその周辺では出店が立ち並び、毎年多くの人々で賑わいます。

今回は7月15,16日に照国神社で開催された六月灯に参加してきました。
照国神社の六月灯は2日間で10万人が来場する、鹿児島県内でも有名な六月灯のひとつです。

六月灯の昼間は、少し物寂しい感じがしますが、夜になると幻想的な空気にガラッと変わります。

手作りの灯篭の数が約800個!この数字を聞いただけで六月灯の規模の大きさがわかりますよね。
この六月灯は開催日が決まっていて、毎年7月15、16日に開催されるんです。

どうして照国神社の六月灯開催日が7月15日・16日なの?
照国神社は城山の麓にある薩摩藩第11代藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)公を祀る神社です。

島津斉彬は薩摩藩第11代藩主。島津家の第28代当主である。先見の明に優れており革新的な施策で薩摩藩の富国強兵をはかる。
人材発掘および育成にも長けており下士階級の西郷隆盛や大久保利通を登用した日本史上に残る名君です。篤姫(天璋院)の父でもあります。

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)でも西郷隆盛生涯の師であり、その遺志を抱き続ける
“偉大なる父”という役どころで渡辺謙さんが演じることが決まっています。
こちらも要チェックです♪

照国神社に向かう天文館本通の賑わいも、いつにもまして、かなりのものです。

皆様鹿児島県にお越しの際は、是非六月灯の時期に合わせて来てみてはいかがでしょうか。